メインメニューを開く

Uncyclopedia β

エリクサー

エリクサーとはありとあらゆる問題が「解決」する霊薬・万能薬である。かつては錬金術の究極の成果とされ詐欺に利用された。水銀をそれっぽく見せればコロッと騙せるし邪魔なアイツとの諸問題も水銀でコロッと解決。ん、定義通りだな?

現代では精製方法が確立され、高価ではあるものの、ゲームショップ、楽器店、PCパーツショップといった専門店のほか、ドラッグストアAmazonGitHubなど多様なルートから入手できる。ドラッグストアでの販売物についてはコラーゲン等で希釈されており、比較的安価で購入できるが効果は薄い。

様々な使用方法が考案されおり、もっともポピュラーな方法を挙げればアイテムメニューからエリクサーを選び決定ボタンを押して使用する。

目次

歴史編集

贅を極めた王侯貴族たちの興味は2つに絞られる。永遠に生きる方法(不老不死)と卑金属からを作り出す方法(錬金)である。ギリシアの天才詐欺師アリストテレスは金は永遠の体現であり、不老不死の方法は肉体を金とすることに他ならない。と唱え、その薬の名をエリクサーとし研究資金を詐取しようとした。当然、疑義を唱える者もいたが、四大元素エーテルといったエセ理論を壮大にでっちあげ彼らを論破。アレクサンドロス大王を騙しきることに成功する。このことから錬金術およびエリクサーは歴史上で2番目に成功した詐欺とされる[1]。しかし当然錬金術師は本当の意味での錬金の研究などしてはおらず、定期的に適当な成果を献上するだけで功績をたたえられることから徐々に堕落し、15世紀頃には彼らは金を作り出すという目的を忘れ、王侯貴族達の問題を解決することだけを生業にするようになった。

エリクサーの研究は全く別の分野、音素の研究家からもたらされた新物質により劇的な進化を遂げる。音素研究家たちは特殊な条件下でのみ精製される音素の協和同位体を発見し、さらに不協和同位体から協和同位体へと反応を進めた際に解決子という物質が放出されていることを発表したのである。この効果を目の当たりにした当時の錬金術師は、たびたび上流階級の面倒事の対処、そしてそれに成功しなければ死刑にされてしまうという強迫観念に押しつぶされそうな自身の心の問題が解決するに至り、これを物質として固定化させらないかという研究に没頭することになる。既に金のことも詐欺のことも彼らは忘れていた。

  この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

効能・効果編集

ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「エリクサー」の項目を執筆しています。

飲用すれば瞬時に体力魔力が回復する。まったくつまらない使用方法とされており、結局使わずにゲームをクリアする者がきわめて多い。

その他の効能・効果を以下に示す。

人体
皮膚に塗布することで年齢にも環境にも揺らがない自分自身と共に進化する美しさが得られる(ムービングビューティ効果)。これにより人類は理論上では老いや死の問題を解決した。
「理論上では」という但し書きがついてしまうのは上述の通り、不老不死の効果は到底見込めないほど希釈されたエリクサーが圧倒的シェアを誇っているからである。本来の効果が世間に知られれば解決する問題ではあるが、例えば部位や利用方法などによって50種類以上のエリクサーを正しく使い分けなければならないなどと顧客に説明して煙にまく。一定の期間が過ぎると「スペリオール[2]」等の単語をつけてリニューアルを図り買いなおしを促す。30代以上の特権階級向け商品であるとアピールし、被差別階級には販売しない。といった錬金術から連綿と続く詐欺手法の集大成ともいえる手法を如何なく発揮し情報統制が行われている。
体力と魔力が少し回復するほどきれいでおいしい水になる。というかそれは水で薄めたエリクサーであって別に浄水効果なんてないぞ騙されるな。
テント
テントに使うとコテージに変化する。はあくまで比喩であるが、居住性において同等になる。道具屋ギルド秘伝の使用方法であり、単純にテントにふりかけても汚れるだけなので注意。
詳細は不明ながら骨組みにエリクサーを添加した樹脂を用いることで、強度を維持しながら軽量で強いしなりを持つ物質に変化。この骨組みを使いドーム状に布を張ることで高い居住性を実現し、野営時のストレスを解決する。
布側にはエリクサーは使われていないため防寒の観点では通常のテントと変わらない。寝袋は必須。
ギター
エリクサーを塗布することにより汚れが付きにくくなり音色の劣化を解決。防錆効果も付与されメロだけでなくサビの問題も解決する。
弦を押さえる際にエリクサーの効果が指に移ってしまうため、恒久的な効能は得られない。
半導体(メモリ)
永久保証が得られる[要出典]。壊れても取り換えてもらえることにより初期不良の問題を解決。中期以降に壊れたらもうそれ時代遅れですので新しいのを買いましょう。
通信システム
1986年スウェーデン通信機器メーカーであるエリクソンが自社の通信システムに使用したところ、耐障害性、リアルタイム性強化、システム分散化、無停止稼働といった難題を解決することに成功。以来エリクソンはエリクサーを通信の神の名であるアーランと呼んで崇めている。
もっとも先進的な使用方法として注目を、浴びてはいないが仮想通貨取引所システムなどにも使われている。
仮想通貨
配合できるかどうか研究が進められている。研究者からは借り手のモチベーションを上昇させることでローン未払い問題を解決できるとの報告がある。
競走馬
俗にいうドーピングにあたるが、を使った実験は1900年代前半から盛んにおこなわれ、高い効果を示すも社会問題化した。このため、現代ではありとあらゆる事項において競走馬とエリクサーという組み合わせが禁忌とされている。名前をエリクサーなんかにした日には…
生命、宇宙、そして万物についての究極の疑問の答え
エリクサーはこの疑問を解決した。しかし人類は究極の疑問が何であるかわかっていない。

関連項目編集

注釈編集

  1. ^ 最も成功した詐欺は性行為には金銭が必要とする娼婦制度の発明。
  2. ^ あくまで例である。シュバリエでもシュプリームでも聞こえの良い単語であれば何でもよい。