メインメニューを開く

Uncyclopedia β

エクストリーム・カミングアウト

エクストリーム・カミングアウトとは、頭髪に不自由な人を対象とするエクストリームスポーツの一種である。

目次

概要編集

  • 競技者は、公共の場で自らの手により毛髪に似せた頭部の補助具を外し、その行為を目撃した周囲の人間が競技者の突然のパフォーマンスに対する驚きを採点。そのポイントを集計し、多寡を競技者同士で競う。ポイント名は「Hage(ヘイジ)」という。
  • 頭部の補助具は、競技者自身の毛髪に似せたものでも、蛍光色のパンク髪のような派手なものでも良い。補助具脱落(カミングアウト)後の頭皮には、周囲の者の笑いを誘うために文字や彩色を施すことも許される。

得点及び採点編集

競技者は見せたカミングアウトのパフォーマンスについて、目撃者に採点を求める。目撃者は衝撃度、おもしろさなどの観点から5点満点でこれを採点し、競技団体指定の用紙、またはインターネット経由で競技団体本部に点数を申請する。競技団体は、集まってきた点数を競技者ごとに集計し、後日、競技者の順位は獲得ポイントなど集計結果を公表する。ポイントの単純合計で順位を決めるため、競技者はできるだけ大勢が集まる公共の場でカミングアウトし、その後、目撃者に迅速に採点への協力を求める必要がある。

著名な競技者編集

  • 小倉智昭

ニュース番組の冒頭、あいさつでお辞儀をした際に補助具を頭部から床に落とすというパフォーマンスを行い、3,548,647Hageという記録的なスコアを叩き出した。

競技で上がっている課題編集

  • 前述の小倉智昭の競技の際、著名人やニュースキャスターが有利すぎるのではないかという議論が起こった。
  • 健常者がスキンヘッドにして競技に参加するケースが出てきており、競技者を「天然ハゲ」に限るべきだという意見がある。

関連項目編集


  この項目「エクストリーム・カミングアウト」はエクストリームスポーツに関連する書きかけ項目である。この項目へ加筆すれば、君もエクストリームスポーツへの出場が優遇されるのである。ただし、出場しても命の保障がないから気をつけろ! (Portal:スタブ)