メインメニューを開く

Uncyclopedia β

アンコール

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アンコール」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「アンコール」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「アンコール」の記事を執筆しています。

アンコールとは、予定外の突発残業を求める労働隠語の一つ。

目次

概要編集

日本の法令において、時間外労働(いわゆる残業)は本来違法行為に当たる。労働条件における雇用主と労働者の関係はフラットなものでなければならず[1]、また労働とは「生活を営む為の必要を満たすもの」でなければならず個人や家庭に過度の負担を強いてはならないと定義されている。ただし「労働者による自発的な残業」は三十六協定の有無に関わらず合法となる。そこを曲解し「自発的に残業するように強制する」のがアンコール行為である。

アンコールでは、終業直前のに対し「アンコール」と声をかけ続ける事で、「残業をしなければならない空気」を作り出す。声をかける側は「強要しているのはなく、掛け声を上げただけ」となり労働基準法違反とは見なされにくく、またアンコール要請は「期待している」という意味合いでも行われる為[要出典]非常に断りにくいという悪質な労働強要である。近年では予めアンコールがかかる事を想定して就業時間を決める事もあるが、これは「不達成分を補う」という残業のあり方自体を否定し無制限残業を招きかねない行為であるため厳に戒められる必要がある。

その他のアンコール事案編集

 
アンコール要請の一例。「おねがい」はするが「強制」はしていない、極めて悪質なケース。

アンコールと同じ形式の超過残業が起こりやすいケースとしては、夫婦恋人など明確な労使契約のない間柄におけるものが多い。夜間労働終了時に女性側がアンコールを求めた場合が特に過重労働になりやすいとされ、資材や体力等が枯渇しているにも関わらず労働を強要された結果労働恐怖症に陥るケースが多数報告されている[2]

その被害は多方面に及ぶものの、夫婦や恋人における労働関係は一対一で明文化もされないのが普通であるため[3]、法令による規制は殆ど行えないのが現状である。

脚注編集

  1. ^ 第一章第2条に明記。
  2. ^ 逆に男性側がアンコール要請した場合は、何故か残業を拒否され強制終業になる事が多い。
  3. ^ 夫婦の場合結婚契約があるが、これは成立要件であって存続要件ではない為結婚契約成立後は無視される事が殆どとなっている。

関連項目編集