アルシンド・サルトーリ

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アルシンド・サルトーリ」の項目を執筆しています。

アルシンド・サルトーリ(ALCINDO Sartori,1967年 - )とはブラジルパラナ州メディアネイラ出身の元サッカー選手である。ポジションはフォワード。

なお、この記事ではアンサイクロペディアでよく見られるような、各個人の人体の欠陥についての過度な言及はなさない。特に、頭頂部において皮膚細胞が徐々に劣化していき、それに合わせる形で頭髪の直径が小さく小さく細く細くなっていき、最終的には毛根より先の細胞部分が抜け落ち、それが頭部の全体的に波及するような生理現象が繰り返された結果、年齢に見合わぬ形で皮膚部が拡大、最終的には日本古来より知られる水辺の妖怪にまで例えられるような一部の表現については、多くの場合において個人の尊厳に関わるため、一切使用しない。

しかしながら、氏が熱心なキリスト教国で知られるブラジル出身であることから、日本にキリスト教をもたらしたフランシスコ・ザビエルのように称える行為については了承する。彼は、まさに日本のサッカー界において神様ジーコが遣わした聖人のごとき活躍を見せたのだから。

概要編集

1993年、日本の新しいプロスポーツとして、サッカーJリーグが華々しく開幕した直後に、1人のブラジル人サッカー選手が大きな注目を集める。それこそが、常勝鹿島アントラーズの土台を築いたアルシンド選手その人である。彼は、本場ブラジルのサッカー仕込の多彩なテクニックでゴールを量産。スター選手を数多くそろえ、バックに読売新聞まで控えていたヴェルディ川崎を相手に一歩も引かないその戦いぶりは、多くのアンチ巨人ファンの喝采及び、日本人特有の判官びいきを引き起こし、一気に鹿島に多くのファンを引き込むきっかけとなる。

それらの詳細は、ウィキペディアに譲るものとして、アンサイクロペディアではもう一つの戦いについて詳細に語る。

時代編集

ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ヌルハチ」の項目を執筆しています。
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「シャルル2世 (西フランク王) 」の項目を執筆しています。

1993年に爆発的な人気を得たJリーグ及びアルシンド選手の活躍がきっかけとなって、それまで日本にはなかった一つのファッションが流行り始める。

というのも、1990年代の日本、それはバブル経済と呼ばれる狂乱の日々の中で多くの価値観が生まれそして壊されていった時代であり、そんなカオスの空気の中で、ものすごい実力を持った外国人選手たちがテレビで所狭しと活躍するJリーグが人気になれば、それは即、外国人のマネへと走るのが時代の風潮だった。その結果、日本中で茶髪やら金髪やらなにやら、髪を染めるなんて話が常識になっていく。それまでは、一部の歌手や変な芸能人レベルでしかやらなかった染毛が一般にまで拡大していったのは、そういった背景が存在する。

そしてもう一つの壁。これこそがアルシンド選手自らが切り開き、乗り越えていった日本の文化の大いなる山であった。

とりあえず、彼が日本文化に残した大きな痕跡。それは、実力さえあれば、外見的問題は関係ないというとてつもなく大きな常識である。彼が日本に来日した当初から、その笑顔とサッカーテクニック、そして何よりも鹿島アントラーズというチームを支えるとても大きな存在として、日本人の心をわしづかみにする。

もう一つ、何か大きな要素があった気がしたけれど、なんだったっけ

あわせて、彼はJリーグの顔の1人として数々のテレビCMに出演。その活躍はまさに、大国であるを建国した英雄ヌルハチのごとくに、その後、Jリーグ1のタイトル数を保持する鹿島の礎となっていた。しかし、もう一つ、歴史の影の戦いのほうでは、西ローマ帝国2代目皇帝であるシャルル2世 (西フランク王)のように、困難と苦しみの中、最後の最後でようやくに栄冠を勝ち取るという、実に涙なしでは語れない物語が存在する。

英雄を称える歌編集

せっかくなので、英雄である彼には英雄らしく一編の叙事詩をもって称賛を行う。彼がもっともその影響力を行使したのは、来日の翌年である1994年である。なお、彼の活躍に多くの日本人が勇気付けられ、事実、神に関する企業が即座に彼に接触。彼の武名にあった鑓を造り上げることで、その後の日本に大いなる変化をもたらすことになる。

その昔、戦場にて常時最前線で戦い続ける勇士あり
大陸にて大いにその名を上げるも、ある日、はるか東方の島国にてその力試さんと欲す
一たび、大地に立てば勇壮果敢、敵陣に踊りこみてその武名を上げ、
三たび、敵軍を打ち負かして後、友軍、彼を忘れることあたわじ
なぜなら、天は彼の頭上に光をもたらしていたのだから

国中を戦い歩いて1年、ある日、彼が目にしたもの
それは道端にて何見るでもなく座り込む一人の若人
彼の頭上に見える光に気づきし英雄は立ち止まり
彼に、「汝、何もなさねば即座に我のごとくなりえんと述べる
これを聞きし若者、初めて英雄に気づき声をあげんとするも
英雄、これをとどめて言う
見よ、この我の首から上に刻まれし苦悩の後を
これ、幾多の戦いと我が血筋により刻まれし宿命なり
汝、この苦しみに陥る前に、神の剣光にて心断すべしと

その言葉、若者を発奮させ、王の苦労愚弄へといざなう
英雄、にこやかに若者の肩を抱き、笑顔で言わん
汝、我が友であれば、これは当たり前である、と

あなたのことを、そして神のことを・・・アデの鑓

詩の意味編集

バブル時代という混沌の間より現代に伝わる詩であるため、その解釈には様々なものが存在する。しかし、英雄の気さくさと、その苦しみを後世の若者に与えてはいけないという心遣いはいつの時代にも伝わる真意である。その後、神に関する悩みは日本人にとって大変に小さなものとなっていく。アルシンド選手の切り開いた道から、多くの人々の持つ神への悩みが解決されていった。この点について、まさに彼こそが神の使いであり、ザビエルのごとき聖人である。

関連項目編集