メインメニューを開く

Uncyclopedia β

ひらがな

ひらがなは にほんの もじの いっしゅで ある。 きょういくとちゅうの こどもと、かんじが かけない ばかが つかう。

目次

れきし編集

もともとは そびえとで つかわれて いたが、せん きゅうひゃく よんじゅう しちねんに にほんに つたわった。そびえとでは そのご、どいつじんに よって ひらがなは ほろび、にほんだけで つかわれた。

そのご にっちゅうせんそうが げきかした おり、ぐんぶの しゅどうに より てきせいご はいせき うんどうが おこり、 かんじの しようが きんじられた。 ひらがな のみで ぶんを かく ことが いっぱんかしたのは この ときで ある。 しゅうせんご この しゅうかんは すたれるかと おもわれたが、 にほん しんちゅうぐんの しれいかんで あった だにえる・きいすは この せいどを ふっかつさせた。 この けっていには、 にほんじんの よみかきのうりょくを おとし、 こくりょくを よわめる いとが あったと される。 あめりかじんには みみずの られつにしか みえないと いうが、 にっちゅうせんそうに よる ためで ある。

むかしのひらがな編集

  • ‐ゐってな、げんざいは「み」ってゆうてんねん。なんでかって?ひらがなの「み」にみえるからや。
  • ‐ゑってな、るんっていうねん。
  • もうこんくらいにしとこか。

しゅるい編集

あいうえおかきくけこさしすせそたちつてとなにぬねのはひふへほまみむめもやゆよらりるれろわをん

だくおんと はんだくおん編集

ぱぴぷぺぽ が はんだくおんと よばれる ひらがな。 ばびぶべぼ などは だくおんと いう ぜんえいてき ひらがな。

とくしゅな ひらがな編集

「ゔ」「ゎ」「ぁぃぅぇぉ」これらは、みちの げんごを ひょうげんする ときに つかう。 「を」- これは、 こおんうぉおるごと いう じゃんるでしか つかえない もじ。「ん」- この もじが ことばの あたまに くる ことは ぜったいに ない。 ただし、 がいらいご(かたかなご)に そんざいする。 たとえばんごまんじゃめななどで ある。

ちゅうい りんくさきはかんじでかかれています ばかはりんくを おさないでください

きんだんの ひらがな編集

ゐゑ編集

これらの ただしい よみかたは、 れきしの なかで うしなわれた。 もともと にんげんの こうこうこうぞうでは はつおんできない おんを あらわしていると いう せつも ある。 にもじを あわせて、 おおぱあつと よぶ。

つかわれかたの れい編集

ゐゑーゐ

編集

これは、「ぶ」を よむように 「う」を いう。

つかわれかたの れい編集

ぃんせんと・ぁん・ごっほ

ゑゐヰヱ編集

ゑゐヰヱをさんしょう

ことば あそび編集

「ゎぃゎゕょゎぃゕっぉ、ゕっょぅっぅぃゃゃゎぁ。ぅっゃゎ。ぁゃゃぉっゅぃぃ」 げんだいごやく すると、「わたしは かよわい かつお、かつようつういややわあ。うつやわ。あややおつゆいい」

かたかなとの かんけい編集

かたかなは にほんに こくんしか つかわない ことばで、 おもに がいこくごを にほんごで ひょうげんする ときに つかう。 ひらがなは にほんじんしか つかわない。 かたかなと いっしょに する ことは きんしされてる。

ついしん編集

どおか ひまが あったら、 うらにわに ある じゃあのんの おはかに、 はなたばを そなえて あげて ください……

つかわれかた編集

ひらがなは かたかなや かんじと くらべて めだたないと いわれて いる。 だが、 ぶんぽうを まなぶに つれて ひらがなの そんざいいぎが すこしずつ りかい できる ように なって くる。

その そんざいいぎとは かくじょしや ようげんの かつようごびの ひょうきに ひらがなが もちいられて いる ことだ。

かんれん こうもく編集

がいぶりんく編集